「黒鍵のまほう」が発売になりました

こんにちは。
代表理事、鈴木 敬です。
    
 
 
昨日、私の作曲した「黒鍵のまほう」が発売になりました。
 
黒鍵+1音 商品写真
 
 
昨年発売された「1音のまほう」(上写真左)は、たった指一本で弾けるピアノ曲として、
現在200を超えるピアノ教室さんでお使いいただいています。
 
 
「レッスンで、ピアノをなかなか弾きたがらない生徒さんがいるんです。
そういう生徒さん用の教材って、ないかしら?」

 
 
そんな、ピアノの先生がたのご要望から生まれました。
 
    
 
レッスンでアノを弾きたがらない生徒さん。
ピアノを練習してこない生徒さん。
ピアノを初めて弾く、初心者の生徒さん。

      
     
どの生徒さんも間違いなく、ほぼ100%の確率で弾けます。
    
      
 
その「黒鍵バージョン」をつくってほしい!とのご要望が多かったため作曲。
このたび「黒鍵のまほう」を制作。発売の運びとなりました。

 
 
 さて昨日に発売され、早くも多くの先生がたにご注文いただいています。
そのなかのおひとり、埼玉県ご在住のエレクトーン講師、K先生より、
今朝ほどとても嬉しいメッセージをいただきました!
 
 
〜ここから〜
 
 
今日、中学2年生のレッスンの時に使わせていただきました。
その子はいろいろ理由があって、学校になかなか行けない生徒です。
でも具合が悪いとき以外はレッスンに通い続けています。
   
小さい頃からピアノは習っていたようなのですが
私のところに来た小学5年生の時、ト音記号のドレミもろくに読めない状態。
そんなわけで、未だにぴあのどりーむ4のレベルです。
   
その生徒が先週風邪で休んだため、今日補講を含めて1時間のレッスンをしました。
始めの30分位は話を聞いておしまい。
テキストも今は2冊しかしていないので、ゆっくりレッスンしても時間があまりました。
   
そこでふと思いつき…
「〇〇ちゃん、音って12個あるでしょ。
 それぞれにとっても素敵な曲があるんだけど
 何の音の曲が弾きたい?」と聞きました。
   
そしたら「ミの曲が弾きたい」と言ったので
ミのワルツを一緒に弾きました。
   
弾き終わったときの感想がまず一言「すごいっ!」でした。
「”ミ”しか弾いてないのに、すっごくきれい~」と。
そして次は「ソ♯の曲」と言ったので、異名同音の話をしてから
LOVELOVEラ♭を一緒に弾きました。
    
彼女は背が160cm以上はあるので、縮こまってもらい
私も一生懸命手を伸ばして弾きました(笑)
そしたらこの曲でも「ほんと、すごいっ!」言ってくれました。
「連弾もこういう弾き方があることを知ってうれしい!」とも。
後ろから手を回すことによって、より彼女の息遣いも感じられたし
より一体感を共有できて、私もとっても嬉しかったです。
    
体験レッスンでも使えるこのシリーズですが
ある程度音楽を分かってる(といってもほんと初心者ですが)生徒にも
とても感動してもらえることが分かりました!
    
今度はもっとレベルの高い生徒にも使ってみて
和音進行や曲想の話などもしてみたいと思いました。
    
素敵な”まほうシリーズ”ありがとうございました。
この曲集が1人でも多くの生徒さん、先生に広まりますように!

 
 
 
〜ここまで〜
 
 
 
K先生、嬉しいメッセージを本当にありがとうございます!
 
 
その「LOVE LOVE ラ♭」私も昨日、生徒さんと弾いてみました。
その動画です♪
      
★「LOVE LOVE ラ♭」

 
    
「1音のまほう」と「黒鍵のまほう」について、詳しくは

こちらのページをご覧くださいませ。
 
  
 
最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

 

関連記事

コメントは利用できません。

月別記事一覧